ギャラリー

  • 芸術と市民活動
  • 芸術と教育
  • エンターティーメント
  • PaintingClass
  • MidoClub
  • GuestBook
  • BBS
  • Blog-Ameba-

Book&Movie

風 To children seven の generations beyond 門

制作活動が映し出された写真と創造者の熱いエッセイ集
著 者 原田 ミドー
撮 影 卜部 拓也
英 訳 肥田 清司
PRICE \1000(税込)
発行人 賛美アート&クラフト
問合せ 〒004-0022 札幌市厚別区厚別南5-17-24
TEL/FAX 011-896-2356
E-mail info@haradamido.com
 

To.children sevenこれを読むあなたはどんな時代に生きているのでしょうか。鳥が鳴き、太陽は輝き、植物たちはたくさんの実を結ぶ。あなたは、この大地に絶大なる信頼をおいて生きている。私が生きる今の日本も、四季折々の自然たちが私たちをつつみ込み、それらの恵みで何ひとつ不自由なく生かされています。私達自身も常に心をおだやかにし、自然界の一員として生きようとしています。

私はそんな中、レンガの建物と指定の役目を終え、取りこわされた古いレンガたちを利用して、この彫刻をつくりました。このレンガは昭和初期に作られたものです。その時代はひとつひとつが手づくりで、石炭で焼き上げていました。ですから焼き斑があります。火から遠くて白っぽいもの、逆に火に近過ぎてぶくぶく泡を噴くもの、それはそれはレンガの楽しい表情です。私はそんなレンガたちと話をしながらゆっくりゆっくり、彫刻に作り上げました。

運よくみなさんの時代に、この彫刻と江別の古いレンガ建造物が存在しつづけていたなら、どうか近づいて手を触れてみて下さい。ひとつひとつに込められた、古くて人間臭い時代が蘇ってくるはずです。あなたの時代にこのレンガの風合いは受け入れられるでしょうか。もしも、あなたの時代に受け入れられず、多くの古レンガ建造物が解体されるのであれば、その時はどうか、あなたの心の中にあのレンガたちの透明な歴史を刻み込んでください。そうして下さればレンガたちが土に還ってもこのレンガたちを生産した多くの作り手たち、保存運動した人たち、そして私の魂はあなたの心の中で、人の血の色とも思えるレンガの赤と共に色褪せることなく、輝きつづけることでしょう。