プロフィール

  • 芸術と市民活動
  • 芸術と教育
  • エンターティーメント
  • PaintingClass
  • MidoClub
  • GuestBook
  • BBS
  • Blog-Ameba-

あいさつ

Nice to meet you!芸術とは、成長すること全てです。芸術は魂であり、喜びであり、幼子のように無邪気であって、宇宙のごとく無限です。

芸術に対する探究心を止めることはできません。わがままの様に見えますが、それは運命です。それは時代を映しだし、風土や民族習慣が形となり現れます。

しかし、それは経済的合理性に反している為、人々は理解しようとしますが、経済的合理性という厚い壁に阻まれます。

しかし、どの時代にもヴィジョンを持った少数が、表現者達を応援します。

この時代にあって私は、私を応援してくださる方々と共に七世代先までも視野に入れて活動していこうと思っています。

Mido

略歴

mido's history…
1963年 北海道江別市生まれ
1986年 彫刻家佐藤忠良に師事 東京造形大学彫刻科卒業
1988年 東京造形大学彫刻科研究生修了
日本ファッション学院講師 〜’93まで
1989年 東京都立中学、高等学校美術講師〜'93まで
1993年 女子美術大学工芸助手〜'95まで
1997年 帰道し賛美アート&クラフト設立
2003年 北海道文化財団芸術家海外研修事業の助成を受け9月より
スペインのバルセロナへ建築家アントニオガウディの研究に出発
2004年 スペインのバルセロナにて制作活動
2005年 「新さっぽろ冬まつり」をアートディレクターとして企画スタートさせ、巨大滑り台とカマクラが合体した「おやすみ雪だるま」を発案する。
2008年 市民活動で制作されたモザイクタイルアートトンネル事業が東久爾宮文化褒章を受ける。
2009年 インターネットTV「のっぽろ7丁目放送局」を江別市に開局し生ライブ放送事業を開始する。
UHB北海道文化放送「タカトシ牧場」にて芸術部長で出演。

作品発表歴

              
1984年 道展 「男の首」 新人賞(札幌)
1985年 新制作展(東京)
1986年

道展 「そろりそろりとまいろうか」佳作賞(札幌)

新制作展(東京)

1987年

現代日本具象彫刻展(千葉)

ロダン大賞エスキース展(神奈川)

道展 会友推拳(札幌)

1988年

道展 「千夜」会友賞(札幌)

石のさとフェスティバル(香川)

1989年

道展 会友推拳(札幌)

ストリートコレクション展(東京)

野外の表現展(埼玉)

横浜美術協会展「浮遊」市長賞(横浜)

1990年

横浜美術協会展 「宿る」 大賞(横浜)

新制作展(東京)

1991年

第7回国営昭和記念公園野外彫刻展(東京)

野外の表現展(埼玉)

1992年

第4回東京野外現代彫刻展 「FOUR MEN」世田谷区長賞(東京)

野外の表現展(埼玉)

1993年

神戸具象彫刻エスキース展(神戸)

国民文化祭いわて石彫展(岩手)

道展を退会

1994年 モリスギャラリー個展(東京)
1995年

白石野外彫刻展(宮城)

モリスギャラリー個展(東京)

1996年

白石野外彫刻展(宮城)

モリスギャラリー個展(東京)

1997年 江別市大麻えぽあホールに野外彫刻 「FOUR MEN」を設置
1999年

花と造形展(江別)

文京台ギャラリー個展(江別)

子どものための美幌国際芸術祭彫刻フェスティバル(美幌)

花会〜野のはなを生ける〜(札幌)

2000年

子どものための美幌国際芸術祭彫刻フェスティバル(美幌)

ギャラリー青山個展(美幌)

オーセントホテル小樽アートギャラリー個展(小樽)

ドラマシアターこどもギャラリー個展(江別)

2001年 江別市セラミックアートセンターに野外彫刻 「風の門」 を設置
2002年

江別市立病院に野外彫刻 「生命樹」 を設置

「MOTHER、風の門」出版

4丁目プラザ4プラホール個展(札幌)

2003年

小樽美術館市民ギャラリーにて個展

ホテルアーサー札幌にて個展

小川マア氏(漆作家)と『 二人展 』

『 40年の歩み展 』 (江別市野幌公民館)

2004年 北方圏学術情報センターポルトにて帰国展
2010年

エデンの園アダムとイブの果実達「原田ミドーモザイクタイルアート展」

母の日トーク&コンサート(出演:原田ミドー、杉田知子(バイオリン)、矢崎有佳(ピアノ))

本郷新記念札幌彫刻美術館(グループ展)

札幌芸術の森美術館(グループ展)

2011年岩手県大船渡市に復興のモニュメント制作開始